スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

Jリーグ第3節 名古屋グランパスVS大分トリニータ

結果:2-1で勝利!
グランパスは大分を見事2-1で競り勝ち
貴重なホーム初白星、そして連勝をつくった。
相手は2連勝中と今調子のいいチームであったので、
厳しい試合にはなった。

グランパスは決定機をいくつか作ったが、
それを決めきれなかったことにより苦しんだ。
ただ、それでもチームのスタイルは変えようとしなかった。
これが勝因だ。

徹底的にサイドからセンタリング。これを繰り返した。
結果的にそれがマギヌンの勝ち越しゴールにつながった。

今年は強い!グランパス。
スポンサーサイト
2008/03/31(月) comment(0)

ヤマザキナビスコカップ 名古屋グランパスVSヴィッセル神戸

結果:1-0で勝利!
ナビスコカップ第2戦目は終了間際の巻のゴールで
なんとかグランパスが勝利した。

この日も代表召集中の玉田やヨンセンを
温存するなどして、メンバー的には苦しかった。
ただ、マギヌンが入った分キープできる選手がいたためまだ良かった。

本来レギュラーの2トップがいないながらも勝利できたのは大きい。
特に代わりに出場したFWの巻が点を取ったこともプラス要因になりそうだ。

今後巻などが兄(ジェフ市原所属)のような選手に成長していけば、
名古屋グランパスにとって大きな武器になるだろう。
そういうことを考えてストイコビッチは若手に経験を積ませるため
チャンスを与えているのかもしれない。
2008/03/30(日) comment(0)

ナビスコカップ 名古屋グランパスVS京都パープルサンガ

結果:0-1で敗北!
ナビスコカップ第一戦目にして名古屋グランパスは黒星を喫してしまった。
敗因はたった一つと言って良いであろう。

そう、レギュラーメンバーの中心選手数人を温存したことだ。

マギヌン・ヨンセン、そして代表で抜けた玉田。
実力者3人が抜けてははっきりいってグランパスは成り立たない。
まったく別のチームになってしまう。
現状ではこれで仕方があるまい。

選手の疲労をためたくないために、主力選手を使わなかったストイコビッチ。
つまり、ナビスコカップでは優勝を狙っていない。
2008/03/30(日) comment(0)

ピクシーが帰ってくるなんて思わなかった。

ピクシーが引退したとき、彼にはもう会えないのか。。と誰もが思ったはず。 まさか数年後、監督としてグランパスに戻ってくることになるとは思わなかっただろう。
2008/03/20(木) comment(0)

これまでのグランパスの監督は

ストイコビッチがこれほど順調なすべり出しを飾ると、
いったいこれまでのグランパスの監督は何をやっていたんだ。
と思う人が多くいると思う。

実際私もその一人だ。
特に過去最近の監督ははっきり言ってイマイチだった。
まったく進歩が感じられていなかった。
でもこれはクラブ側の責任でもあるから仕方があるまい。

しかし今回はストイコビッチが来て、良いスタートをきっている。
まだJは始まったばかりだが、なぜ彼はこれまでの監督とは違うのか。
それはグランパスを知り尽くしているからである。
もう一つ付け足せば、サッカー(勝ち方)についても知っているからである。

さらに重要な点は、選手たちみんながストイコビッチを信頼していることである。
これは非常に大きなことである。

玉田は言う。

良いプレーを彼にほめられたときは素直にうれしい。
だってあんなすごいプレーしてた人に言われたらそうでしょ!っと。
(多少言い方が違うかもしれません。)

これがこれまでのグランパスの監督とは違う、いやJリーグすべての監督とは違う。

2008/03/20(木) comment(0)

Jリーグ優勝のカギは若手選手の成長

これまでどうして優勝はともかく上位争いもできなかったのか。
その一つに若手の成長がないことが挙げられる。

多チームを見てみると、強いチームは必ずといってよいほど若手が成長して主力になっている。
鹿島であれば、小笠原・本山、最近で言えば内田。
ジェフは残念ながら成長した選手をすべて持ってかれ、弱くなってしまったが
巻・水本・佐藤・水野や村井・坂本など多くの実力者を作っている。

しかしグランパスにはこういうことがない。
現在で言えば、中村直志くらいであろう。
これが優勝争いしているチームとの決定的な違いだ。

しかし、今年はストイコビッチに変わって若手選手を多用し、将来有望な活躍を魅せている。
これは今までのグランパスと大きく変わった点だ。
彼らが今後経験を積んでいき主力と呼ばれるようになったときには、名古屋が頂点に立つことも夢ではない。
2008/03/18(火) comment(0)

優勝に縁のないチーム

そもそもこれまでグランパスはリーグチャンピオンになったことは一度もない。
天皇杯では確か2度あったはずだが、これまでの実績はあまりない。

メンバーを見る限り、優勝争いは毎年できるようなメンバーではあった。
しかしそれさえもできなかった。
去年なんかは下位にまで落ち込んでしまった。

しかし今年は違う。
試合を見ると、これまでのグランパスの試合とは質がまったく違う。
サポーターをワクワクさせる、なにかやってくれるような気にさせてくれる。
これはストイコビッチがやってきたから変わったのであろう。

これが今後も継続できれば、優勝も夢ではない。
2008/03/17(月) comment(0)

第2節 名古屋グランパスVS浦和レッズ

結果:2-0で勝利!
第2節にして進化の問われるときがやってきた。
相手は強豪浦和レッズ。
メンバーはほぼ日本代表候補の選手。
このメンバーで負けることはあるのかというようなメンバーを揃えている。

ただ今回主力が数選手怪我で出られないことは
名古屋グランパスにとって大きい。

とはいえ浦和はベンチメンバーでさえ
日本代表候補たちだからある意味卑怯だ。
さらに今日の試合、ディフェンスのバギが怪我で試合にでられない
ということでさらにピンチだ。

しかし、試合が終わってみれば2-0でグランパス勝利。
ストイコビッチ監督は初勝利をあげた。
前半は完全なグランパスペース。
これを支えたのはマギヌンだ。
彼がいなければグランパスはまったく機能しなくなるといってよいほどの活躍ぶり。

逆に浦和レッズは非常に弱かった。
はっきり言って弱小チームという名のふさわしいチームだ。
監督の起用が悪すぎる。

後半は両チーム五分五分。
いや、浦和レッズのほうが決定的チャンスが何度もあった。
だが点が入らない。
それもそのはず、監督の起用が悪いからだ。
田仲達也を使わない?
何考えているんだこの人は。
自ら自滅してくれてありがとうとお礼を言いたい。
高原もどたばたしすぎ。
彼が日本代表と聞いたらおそらく不安になるであろう。
断然玉田のほうが上だ。

グランパス、今年は優勝争いできそうである。


2008/03/16(日) comment(0)

開幕戦 名古屋グランパスVS京都パープルサンガ

結果:1-1のドロー!
2008年もJリーグが開幕した。
名古屋グランパスはストイコビッチ新監督での新たなスタート。
期待と不安でいっぱいであったが開幕戦は引き分けという結果に。

まずこの試合を見て感じたのは、今年は期待感が持てるということ。
ストイコビッチが名古屋グランパスを上昇チームに変えるかもしれない。
とはいえ、今日は完全ね勝ち点3を落としたといって良いゲーム。
内容はすばらしかったが、結果がすべてだ。

しかしながら、サポーターを満足させることはできたはず。
また、新加入のバギ・マギヌンともに活躍していた。
バギはおそらくJリーグでナンバーワンディフェンダーといって良いであろう。
日本代表の中沢よりもふつうにうまい、そしてなにより速さがある。
さらに攻撃力もある。
さすがストイコビッチは良い選手を連れてきてくれた。
彼はレッドスター時代に知ったらしい。

そしてマギヌン。
彼はさすがブラジル人なだけあって、キープ力・パスセンスともに優れている。
グランパスが必要としていた選手だ。
藤田と一緒に並べればストイコビッチがいうビューティフルサッカーを実現できるであろう。

最後に玉田。
今年の玉田はやる気がある。
プレーにきれもあるし、今後が楽しみだ。
彼の実力は日本のフォワードの中でも1番、2番あたりだ。
去年は怪我、そして馬鹿な監督のせいで試合に出られなかったが、今年は違う。
そう。ストイコビッチは馬鹿ではないからだ。
彼は玉田の良さをすでに知っている。
2008/03/15(土) comment(0)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。