スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

苦し紛れの選手補強

昨日はJリーグ、ガンバ大阪戦で、
2点を先に先制されるも相手のミスなどもあり、見事に逆転勝利を果たした。

何はともあれ、どんな形であっても、
力のある相手から勝ち点3を取れたのは非常に大きい。

ただマギヌンの退場がもったいないが。

さて、今季の名古屋グランパスは明らかに苦しんでいる。
そして、次々と選手補強に動いた。

オーストラリア代表のケネディ、
元日本代表、浦和レッズの三都主、
そしてブルザノビッチ。

この大胆な選手獲得からも、
首脳陣、ストイコビッチ監督が苦しんでいるのがうかがえる。

これにより、確かに戦力は大幅にアップした。
しかし、私が心配しているのは空回り。

技術のある選手が多い=試合に勝てるわけではないのだ。

チームのバランス、チームワークetc...
そういうものを大事にしなければ優勝、勝利はモノにできない。

新しく加入した選手たちが短い期間のうちにどれだけチームにフィットできるか。
そこが上位追撃への今後のカギをにぎる。

スポンサーサイト
2009/08/24(月) comment(0)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。