スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

J1第27節 名古屋グランパスVS浦和レッズ

結果:1対1のドロー
現在大分トリニータと勝ち点で並び、得失点差で1位のグランパス。
今日は優勝を争うライバル、浦和レッズとの負けられない戦い。

しかし、前半終了前にエジミウソンに決められ先制される。
それでも後半早々に小川のクロスを巻佑樹が頭で合わせて同点とした。
そして結果は引き分け。
勝ち点1ずつ分け合った。

今日のグランパススターティングメンバーを見て私は驚いた。

スリートップ!?
フォワード3人??


ヨンセン、玉田、そして巻を使ってきたストイコビッチ。
正直私はどうかなと思っていたが、采配は結果的に良かった。
巻が得点という理想の形で采配にこたえた。

以前の記事で書いたように、これからのグランパスは
引き分け=勝ち点2を失う
をといった意味合いになると私は言った。
しかし、それでも今日の試合はプラスとしてとらえて良い引き分けであると思う。

これで再び単独首位にたったグランパス。
今日の試合で一番怖かったのは、連敗をすること。
なんとかそれは免れた。

この勝ち点1はリーグ終盤、とても勝ちあるプラス1になるかもしれない。
2008/09/28(日) comment(2)
コメント
No title
スリートップではなく、いつもの4-4-2で、玉田を左サイドハーフで起用したんですよ。昨日の東京V戦も然りです。
昨日の試合を終えて2位です。例年のグランパスのありさまからはこんな時期にこんな順位につけているなんて夢のようですね☆
by: ivas * 2008/10/06 00:23 * URL [ 編集] | UP↑
ivasさん☆
ご指摘ありがとうございます。
例年のグランパスは、優勝争いもできませんでしたから
今年はすごいことですね!
by: 管理人 * 2008/10/10 20:47 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。