スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

過去を振り返る:大岩・望月・平野の戦力外通告

数年前、グランパスは優勝候補に挙げられながらも結局できずに終わった年があった。
戦力的にはJリーグで上位クラスだったものの、とある事件でむなしく散った。

皆さんは覚えているだろうか?
そう。大岩・望月・平野の主力3選手への戦力外通告だ。
私の記憶では、望月・平野が田中監督(当時)の悪口を言ったため。
そして大岩は試合中、不用意に給水を摂って失点につながったことが原因だったと思う。

これだけで戦力外通告にするのもどうかと思った。

当時クラブ側はこの事件を対処するために、
3選手を戦力外にするか、または、監督を解任するかという決断に強いられていた。
そこで最終的に下した結論が3選手の戦力外だった。

このとき、グランパスが優勝するという希望が消えたときだった。
2008/04/10(木) comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。