スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

リスクを負うこと

ストイコビッチ監督は、「リスクを負って攻める」ということを言っていた。
実際、たとえグランパスが1点差で勝っているという状況でも決して守りに入ろうとしない。
チャンスがあれば積極的に攻める姿勢が見られる。

リスクを負うこと。

これを聞いて多くの人はその分失点も増えるのではないか?と思うはず。
しかし実際はその逆になっている。
グランパスは現在リーグ最小失点。しかも負けなし。

これがどういうことを意味しているかわかるだろうか?
そう。リスクを負って攻めれば攻めるほど失点も少なくなる。

攻めは最大の防御

自分たちが攻めていればその間は絶対に失点しないのだ。
今のグランパスの大きな武器となっている。
2008/04/14(月) comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。