スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

ストイコビッチの采配

今年グランパスが好調であるのは言うまでもなくストイコビッチのおかげでもある。
なかでも選手交代による采配はすばらしいものがある。

毎試合リードしていれば必ずと言って良いほど杉本を投入する。
勝っているのにFWを投入する。
この采配はなかなか普通の監督ではできないであろう。

この采配の裏には、
まだチャンスがあれば積極的に点を取りにいこうという意味を成している。
これは相手にとっては嫌がる采配。
点を取るために攻めに行きたいのに、守りに帰らなければいけない。
それをせずに攻めだけに絞ると前節の清水戦の2点目のように失点する。

今後も終盤での杉本の投入は相手にとって脅威になるであろう。
2008/04/15(火) comment(1)
コメント
No title
相手にまだ点を取りに行く!と意識させるだけで、守備を意識させる。
ベンチの心理戦って面白いですね。

現役時代のピクシーから、こんな心理戦を考える人とは想像もつきませんでした。

最高です!
by: monolith1978 * 2008/04/16 00:22 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。