スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

代表に縁のないグランパス

これまで名古屋グランパスは日本代表とかけ離れていた。
まったく縁がなかった。
グランパスに来た選手は代表から落ちるという現象も多々あった。

たとえば当時ユース代表であったGKの川島、角田や酒井などもそうだ。
グランパスに来たとたん急に呼ばれなくなった。
川島はグランパスを去ってから現在代表に選ばれている。

それ以外にも実力があり、
代表候補だった望月・平野が以前記事に書いた事件をきっかけに選ばれなくなった。
秋田豊も鹿島からグランパスへやってきてすぐに選ばれなくなった。(これは年齢面もある)
玉田もついこの前まで、代表から遠ざかっていた。

このようにグランパスは日本代表とは縁がなかった。

しかしながら、今年からは変わりつつある。
まずは玉田が代表復帰を果たした。
そして中村直志も代表候補に選ばれるなど、流れが変わっている。

ストイコビッチがグランパスに良い空気をもたらした。

これからは日本代表の中心選手をグランパスの選手が担えるまでに成長してほしい。

2008/04/25(金) comment(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。