スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

子供たちのあこがれの存在に

子供たちはサッカー日本代表の試合やJリーグを見る。
そしてプレイヤーのプレーを観察し、「すごい!」とか「マネしてみたい!」と感じる。

私も昔そうであった。
よく名古屋グランパスの試合をテレビで見たのだが、
やはりストイコビッチは憧れの選手だった。
いとも簡単にとおしてしまうスルーパス、相手DFを翻弄するドリブルの数々。
私はストイコビッチのプレイができるようになりたいと思いながらサッカーをやっていたと思う。

彼のプレイの数々が今も頭の中に残っている。
そしてこれはこれからもずっと残り続けるだろう。

こういう経験があったから、今のグランパスの選手たちにも、
サッカーを愛する今の子供たちの憧れの存在になってほしい。

子供たちからすれば、1試合1試合の勝敗などはすぐ忘れてしまう。
けれども、プロの一つ一つの熱い、心のこもったプレーは一生彼らの心に残り続ける。
勝ち負け以外にも、サッカーはこのような一面もあることを忘れないでほしい。




2008/05/21(水) comment(1)
コメント
No title
最近は、経営的にビックスターは来ませんね。

獲得候補に名前はでますが・・・。

でも、その他の助っ人でも、お手本になる選手はいます。

日本の選手ももっと輝くプレー=創造性のある=赤鯱家族の目指すプレーを失敗を恐れずに挑戦して欲しい。玉さんのヒールシュートのように!!!

夢のある仕事なんですから。フィールドの妖精が増えるとサポーターも増えるかも・・・。

ちなみに、赤鯱的は、最近ですが、敵ながら元浦和のワシントン選手が好きでしたね。ダンプカーのような絶対的なターゲットマンはすごい!!と思いました。浦和の強さの象徴的な選手と感じました。
by: 赤鯱 * 2008/05/22 20:18 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。